日本人の起源を探る

风清扬斈 13年前 (2006-12-26) 网络资料 4149 0

BC2000年    :三苗渡来。
BC2000~BC1000年:環境避難民渡来。
BC 800~BC 200年:中国戦争避難民渡来。

田野さん(140551「略奪闘争の玉突きの概観~統一国家の成立過程」と多少解釈の違う部分はありますが、初心者に分かりやすい上記仮説の図解が、[古代で遊ぼ・連載1~12章]リンク にありますので、紹介します。

土器編年と実年代   リンク
縄文~弥生情勢推定図 リンク
変遷する図解も (@@) リンク
他にも盛り沢山です!

解説は、リンク をご覧ください。
なお、いくぶんか抜粋します。

≪三苗の渡来≫に関する抜粋
> BC2000頃、長江と黄河で大洪水が発生します。良渚文化は洪水の土砂に埋もれた状態で発掘されています。
> 長江下流の良渚文化は壊滅し、中流域の屈家嶺文化なども衰退します。
> 黄河の龍山文化は壊滅をまぬがれたようですがやはり衰退します。
> 壊滅した長江流域から周辺に散っていった人々が中国史書にいう「三苗」、そう考えています。
> 三苗と遊牧系?の「禹」との抗争伝承が中国古伝に多数残されています。
> なお、異端あるいは偽書とされる古伝書に日本が世界の中心とか黒人白人からエジプトまで登場したり天変地異で崩壊する話があります。
> これは根も葉もない嘘ではなく、日本へやってきた三苗文化の記憶伝承に無数の尾ひれがついて鎌倉時代以降に記述されたものと推定しておきます。
> 大地が水没しては農耕民もいやおうなく脱出せざるを得ません、長江の稲が周囲に広まってゆきます。
> BC2000~BC1500頃、日本へも水田技術と温帯ジャポニカがやってきた。

≪環境避難民の渡来≫に関する抜粋
> 大陸の三苗渡来から五百~千年ほど遅れて半島からの避難民渡来が急増します。
> 日本海沿岸へは半島東岸や沿海州沿岸の人々もやってきます。寒冷化で少なくなった食料を求めて南へ移動する人々です。
> 三苗の日本への影響は文化の面では大きいが人(血)の面では少なかった。
> しかし半島からの避難民は千年単位で継続し人数が多く、内陸や沿海州の人々を含めて多彩だった。

第一波は、大洪水による壊滅から逃れてきたという仮説のようです。
第二派は、気候変動(急激な寒冷化)によって移動してきたいう仮説のようです。
ちなみに、対馬海峡横断シミュレート リンク まであります。

何れも、略奪闘争の玉突き(遊牧系との抗争)についても触れていますが、それが主因になるのは第三派からだとしています。
しかし、中国の情勢を見ると、第一波からすでに、略奪闘争の西から東への玉突きによって、母系集団であった農耕民が(漁労民の力を借りて?)海を渡ってきたという仮説も整合しますね。

> 一方、7000年前長江中流域に稲作定住文明を形成していた三苗族は北方から来た黄河文明の遊牧系民族の侵略を受け、上流へ居住域を移動する。下流に避難した三苗の一部はその後4000年前頃から徐々に日本列島(九州)へ到達している。140541
> 秦・漢の統一までの500年間に王国が無数に生まれては侵略され敗軍の部族が朝鮮半島へ、さらに日本列島へ移動してくる。こうして2100年前の朝鮮古代王国である衛氏朝鮮が漢の侵略を受けて滅亡、敗軍が日本に流れてきた(2000年前~1700年前)。140551 
  
 

相关推荐

  • 网友评论

    • (*)

    最新评论